kitchenパントリー収納を少し変更しました。


娘さんが午前1時頃、「お茶飲みたい~」と夫婦の寝室に来てから、なかなか眠れなくて。
直したいと思っていたkitchenのパントリーをちょこちょこ変更していました。



パントリー収納1



パントリー左部分はこんな感じにしました。
可動式棚なので動かせば好きな収納が出来ます◎。
意外と設置してあったままの可動棚は多い気持がするので、可動は可動させましょう♪。



フローリングに直接は置きません。
写真に少し見えるのは、借りていた本を返すまでに置いています。
ルンバが効率的に動けるように掃除しやすいように配置します。
下から2段目までの収納は幼稚園に通う娘さんでも届きます。
「これを取ってお願い♪」などとお願いするときに楽々です。



パントリーの右側ですが、こんな感じにしています。
いろいろ考えたけど、これがすっきりしているし、主人や娘さんにも使いやすいと♪。



パントリー収納2



以前住んでいたマンションの時に購入した棚を横にして使っています。
反対側同様、もちろん、フローリング直置きはしません。
本など必要なものを入れています。
ティッシュボックスやトイレットペーパーやクッキングペーパーなども娘さんが気が付いたら補充できるようにしています。



壁収納



少し改善しました。
ちょっと気にいっている100均のウォールポケットです。
懸賞の葉書や必要なものを入れたりしていますが、見やすくていいけど、何でも入れないように気をつけないとね!!!。




~改善前はこんな収納~


IMG_2021.jpg



わたしの帽子はここに収納していましたが、玄関クローゼットに収納していますからね。
毎日使ってみていろいろと変更しています。



IMG_2020.jpg



反対側の壁面収納は変化なしです。
壁面収納であっても、画鋲打ちは可能な限りしたくないので、突っ張り棒や棒などを上手に使っています。
棒も棒のままだと寂しいので、可愛らしい包装紙などを巻くとGOODです。







ではでは、パントリーの中は細かすぎずわかりやすいように整理整頓しているつもりです。
わたしは、収納は、わたし一人でするものではなく家族である主人や娘も取り組むものだと思っているので、主人や娘にも使いやすいに♪。
もちろん、パントリーの棚は、わたしだけでなく、主人や娘にも使いやすいように位置を考えています。
わたしだけが使いやすいようだと、娘と主人には理解しにくい細かすぎる収納であることも多いのでね、笑。



IMG_4648.jpg



ここは娘にも使いやすいようにしています。
パンなどを食べるときのカッティングボードやかごなどを突っ張り棒を使うと出しやすくしまいやすいです。
お友達が遊びに来てくれる時などのペーパー類などもこちらに置いて、娘さんに手伝ってもらえるように◎。



IMG_4651.jpg



こちらは乾物関係です。
1カ月25000円の食費でやりくりしていますが、乾物様様です。
「わかめ」「ひじき」「切り干し大根」「春雨」などを瓶にいれています。
付箋をセロハンテープでとまてラベリングもしているのでわかりやすいです。



IMG_4650.jpg



こちらは、飲み物関係とホットケーキミックスやお弁当用のおにぎりセットです。
飲み物関係は主人が入れることが多いので一番上の棚に。
娘が幼稚園に通うようになってからは、ふりかけと海苔だけの箱を作って入れています。
ばたばたする朝をすっきりと終わらせるためにね。



IMG_4653.jpg



こちらは、お掃除せっとです。
お手洗いグッズや窓ふきグッズやkitchenグッズですが、掃除は毎日して大掃除とは無縁を目標に取り組んでいます。
年末には換気扇だけ主人にお願いしています・・・これはちょっと。



IMG_4652.jpg



調味料などのストックです。
以前はそこまでストックしていませんでしたが、ストックするようにしています。
もちろん、これにおさまる量ですがね。
意外と醤油と酒とみりんと砂糖がなくなると料理出来なくなるのでこれは必須のストック。



IMG_4649.jpg



あと、パントリーには家計管理のものを置いています。
我が家は食費や雑費などの細かい項目はわたしの担当で、年トータルの管理などは主人の担当なので、お互いにさっとわかるようにしています。



また使っていると「ここをこうした方がいいなぁ~」とか思うので、ちょいちょい変更するんだろうなぁ。
収納は頭の体操にもなるからぼけないかも・・・希望もありね。




手作り・DIY ブログランキングへ

インテリア(掃除・収納) ブログランキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)