「料理をもっと簡単&楽しく 電子レンジ使いこなしラボ」 にてビストロを体験♪

「料理をもっと簡単&楽しく 電子レンジ使いこなしラボ」 に参加しました。
オレンジページ×パナソニックビストロの「電子使いこなし隊」2015年メンバーとして情報を発信します。



電子レンジ使いこなし隊イベント



電子レンジは使うけど、あたため機能と解凍機能とお菓子作りにオーブンを使うくらいかな。
電子レンジに搭載している機能の何%を使いこなしているのかな。



ビストロ



今回、使ったのは、 『パナソニック ビストロ』 です。
名前を知っていましたが、いろいろとすごい機能を搭載しているようです。



タッチパネル式



タッチパネル形式でいいですね。
掃除しやすいなぁ~と思います。
あと、料理していると手が濡れている状態で触ることもありますが、濡れていてもタッチパネルは反応するのがGOODです◎。



テフロン加工の天板



ビストロに使う天板はこちらです。
真ん中に点線がありますが、量が少ない場合、点線内におさめれば電子レンジが考えて、時間も短縮してくれるみたいです。
電気代もパネルに表示されてすごいです。



電子レンジ構造の説明



ビストロは、下はフライパンのように熱々で、上から赤外線ヒーターで焼くようです。
ハンバーグなどひっくり返す必要が無いのはいいですね。



IMG_4022.jpg



今回の教室は、大島先生が来られました。
すらっとしていて素敵な方でした。


お教室では、ハンバーグを作りました。
下準備だけでなく、フライパンを1回も使わずにハンバーグを作ります。



バターをのせてたまねぎをチン



ビストロはターンテーブル式ではなく、お掃除が楽ですね。
ハンバーグを作るのに、たまねぎをフライパンで炒めるわけではなく、電子レンジ調理します。
みじん切りしたたまねぎにバターをのせて調理です。
楽ですね。



たまねぎを炒めるのも電子レンジ



こうすると便利ですね。
フライパンで炒めると時間もかかるし、暑い季節に向けて汗だくに・・・⇊⇊⇊。



牛乳などをこのあとに



しんなりした玉ねぎにパン粉や牛乳を混ぜます。
先生のレシピでは、たまごは入れなくてもふっくらハンバーグの完成ということでした。



真ん中の線が大切



驚いたのはテフロン加工なので、そのまま置いてOKという点です。
若干気になったのは、テフロン加工はとれていくし、天板を買い替えるということになるけど、どのくらい持つんだろうか。
ハンバーグの厚みは1.5cmということでしっかり火が通るに重要だそうです。
生焼けでは困るしね。
2個焼く場合は、点線内におさめれば電気代も節約、時間も節約ということで◎。



そのまま置いてOK



かなり大きいハンバーグが4個天板にのります。
裏返し不要というのが嬉しいですね。
実際、こんな大きいハンバーグをフライパンで焼くとすると、ひっくり返すの大変だし失敗する可能性大。



裏返しなしでハンバーグ



時間も4個で焼く15分くらいでしょうか。
電子レンジが時間なども調整してくれて、賢いです、ビストロさん♪。
カロリーも計算するし、電気代も出すんですよ。



ふっくらと



焼けたハンバーグ、入れた時よりも小さくなって厚みが増していました。
裏返していないけど、焼き色も両面にしっかりつきます。
ビストロでハンバーグを焼いている間に、他の料理を作れたりしますね。



意外と小さくなった



テフロン加工の天板なので、取るのも楽々◎。
たまごが入っていないから、取る時に崩れないかなとも思ったけど、綺麗に盛り付けも。
網網の部分に余分な脂分を落とすので少しはヘルシーになるのかな。



にんにくは電子レンジで剥きやすく



ハンバーグのソースは、トマトをベースにさっぱりしたものでしたが、にんにくを入れます。
にんにくと言えば、美味しいけど匂いが気になりますね。
皮ごと電子レンジで20秒ほどチンしてから使うと匂いもOKだそうです。



ソースもたっぷりのハンバーグ



パセリなどもたくさん入れて夏らしいソース。
自宅だと、こういうソースってあまり作らないから、たまにはいいかも◎。
にんにくも次の日大丈夫なら作れるしね。





あとは、 唐揚げ も作りました。
わたし、揚げ物を食べるのも作るのも片付けるのも苦手で我が家の食卓にはあまり並びません。
主人が食べたくなって作ったりもするけどね。
ビストロがあれば、片付けも楽だし、気軽に作れるね。



真ん中までに乗せる



天板の線の中に入れられれば電子レンジが勝手に調整して時間などを変更します。
味付けした状態で冷凍して、冷凍したまま電子レンジで焼くことができるそうです。
お弁当などに入れるときは便利ですねぇ~。



味付けして冷凍のままでもから揚げに




これからは、蒸し暑い、そして、暑い季節だし、なるべく揚げ物は食べても作りたくないのが本音だと思うんです。
そういう時にこれは便利ですね。



寿司酢をチンしてたれに



こんな感じに焼けます。
皮面が美味しそうに焼けていますね。
焼く時は、皮面を上にして焼くそうです・・・意外な気持がしました。



から揚げの完成



今回、ソースは寿司酢をチンしたものに豆板醤を加えたものだということでしたが・・・これは驚きました。
稲荷寿司などを作った時に余ったりすると、お魚を煮たりするのに使っていましたが、こういう方法もあるんですね。
チリソースのような感じで是非チャレンジしたいと↑↑↑。





あと、ビストロのまだまだある活用方法です。
発酵などが不要のアメリカンチェリーのデザートです。
ベーキングパウダーを使ってささっと作る方法で、上にのせるものを旬のフルーツで変えるだけで可愛らしいおやつの完成です。



おやつも



あとは、電子レンジの使い方として、あたため以外に解凍があります。
我が家の電子レンジの解凍機能がありますが、時間がけっこうかかります。
ビストロのはとても綺麗に解凍されていてすごいなぁ~と。



お肉解凍も綺麗に






あと、ビストロを使って、チーズカップの作り方を教えていただきましたが、これはお手軽で是非、おもてなしに使ってみたいなぁと。
見た目が可愛らしい!!!。



こんな感じでチーズを



ピザ用チーズと粉チーズをクッキングペーパーにのせてチン♪。
チンしている間からチーズのいい香りが~、娘さんが大喜びしそう↑↑↑。



ボウルの上において形を決める



とろ~んとしたものをボウルにのせて放置すれば固まります。
チーズの油分があるので、クッキングシートからするっととれます。



野菜を盛りつけるだけでも綺麗



ベビーリーフを盛り付けただけなのにとてもおしゃれです。
野菜は食卓に出す直前に盛り付けて、チーズカップ自体の味がしっかりしているから野菜にはあっさりとしたドレッシングがあるかも。



可愛いチーズカップ



バルサミコ酢とオリーブオイルの組み合わせ、最高◎。
チーズのこってり感との相性がすすむわ、ワインがほしくなるね(唖然)。





さて、大島先生のデモンストレーションもあり、実習もあり、美味しいハンバーグを頂きました。
確かに、実際に作ってみても簡単です。
フライパンを使わないという点で楽です。



電子レンジだけとは思えないハンバーグ



言われなかったら電子レンジ調理のハンバーグとはわからないと思います。
ソース次第でアレンジの幅も広がりそうな予感です。



厚みが大事なのハンバーグ



たまごを入れなかったからふわふわ感が大丈夫かしら?とも思ったけど、そんな心配無用といった感じでした。
1.5cmの厚みからふっくらしたなぁと。
ハンバーグ自体のボリュームがかなりあるので、さっぱりとしたトマトソースでばっちり美味しく頂けます。



電子レンジで美味しそうなハンバーグの完成1



クレソンと電子レンジ調理のじゃがいもを添えましたが、こういうのもあると気分かわります、笑。
ハンバーグは子どもも好きだし、いいですねぇ~。
ビストロすごいわ。



電子レンジだけのおもてなしテーブル



テーブルクロスにお花や他のお料理も加えて食べます。
久々にお昼ご飯をゆったり食べた気持がします。



電子レンジで美味しそうなハンバーグの完成2



このソースもハンバーグだけでなくアレンジ出来そうだし、いいね。
ビストロで無いとハンバーグは出来ないけれど、持っている電子レンジでにんにくをチンしてみたり、寿司酢をチンしてみたり、電子レンジの取扱説明書を見返してみようっと!!!。



10分でパンも完成



ビストロでパンも作れる見たい。
これも、ベーキングパウダーを使っていて10分くらいで完成とは驚きです。
朝、買い忘れた、焼き忘れたというときも対応できそうです。



アメリカンチェリーをのせたデザート



こちらは、アメリカンチェリーをたくさんのせたデザートです。
こちらも、ピザにしてもOKだし、このようにデザートのようにしてもOKという優れものですね。
娘のお友達が来たときなどささっと出来ると便利ね。



にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村

家庭料理 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)